日時:2021年6月18日(金)14時スタート
場所:町田市立国際版画美術館
#映える風景を探して 古代ローマから世紀末パリまで
2021年度前期のゼミ美術館見学会第3弾、町田市の芹ヶ谷公園内にある町田市立国際版画美術館に行ってきました。
IMG_0930
IMG_0934
4月24日から始まったこの展覧会は、すぐに緊急事態宣言によって中断され、6月1日から再開されました。
この見学会は、ゼミの教員が展覧会図録に文章を執筆する機会を与えていただき、学芸員さんと連絡を取り合っていた関係で実現しました。「《古きフランスのピトレスクでロマンティックな旅》を楽しむために」というタイトルの文章です。
最初に、この展覧会を担当した学芸員Tさんから、美術館の入り口で展覧会や版画美術館についての説明を受けてから、今年のゼミの集合写真を1枚撮っていただきました。
集合写真(ほかし)
2階の展示室へ。版画は光に弱いので、いつもよりは暗い部屋でした。
IMG_0944
IMG_0945
ブリューゲルから始まります。今回は風景画がテーマです。これまで風景画というと色彩の作品を見る機会が圧倒的に多く、ほとんど版画だけで風景画を見る、線と構成だけで風景画を見るというのは初めての機会でした。ロランやピサロの油彩、水彩画、手彩色と、色のある作品が要所要所で入るので、目にとっても単調にならずに楽しめました。あと風景を描くための道具類の展示もありました。
個人的には『エジプト誌』の手彩色のエッチングが繊細な描写のなかに鮮やかな色彩が印象的でした。
IMG20210619155924
時代を通して版画技術の変化とともに、モノクロの濃淡がどのように変容してゆくのか、よく分かる展覧会でした。
IMG_0946
学芸員さんお世話になりました。