中央大学 文学部 泉ゼミ (美術史美術館コース) ブログ

美術史美術館コースは、中央大学文学部フランス語文学文化専攻に設置されています。このブログは、日頃のゼミ活動を更新しています。

ようこそ、泉ゼミ・ブログへ。
ゼミは3、4年生で構成され、2年間で、フランスを中心とした西洋美術史、美術館や文化遺産の歴史や今日のあり方について学びます。
★★★★★★
このブログは、ゼミの紹介がメインです。
ゼミ活動のまとめは、上のメニューバー「ゼミについて(毎年更新)」をご覧ください。
大学のゼミってどんな活動をするの? 文学部のゼミでどういうことを学ぶの?
そういうことを知りたい方に、うちのゼミの様子をお伝えできればと思います。

日時:2024年2月3日(土)午後
場所: モスク見学(東京ジャーミイ・ディヤーナト トルコ文化センター)
https://tokyocamii.org/ja/
東京ジャーミィ ポスター_1

ある学生が「モスク」に行ってみたいということから、ゼミで企画しました。
教員は見学場所を決めるだけ。あとは、ゼミの3年生にお任せです。
モスクという場所、イスラーム美術の文様、モスク内用語、モスク内の見所、服装の注意事項、撮影の注意点、礼拝場での注意点などをまとめたパフレットを作成してもらいました。
PXL_20240203_045604292
この日は快晴で、青い空に白いモスクのコントラストが際立っていました。
また訪れた日はたまたまですが「世界ヒジャーブ・デー」で、ヒジャーブを本格的に巻いて頂きました。
PXL_20240203_055358616
Photokako-total-blur-bHsHjWhIqowhVb0U
ヒジャーブを巻いた後、ガイドツアーに参加し、1階エントランスでガイドさんによる興味深くて分かりやすいイスラーム文明についての解説を受けた後、モスクに入場させていただいました。ちょうど礼拝の時間に重なっていたので、静かに見学させて頂きました。モスク内の鮮やかで繊細な文様装飾に見とれているうちに首が痛くなってきました。本格的なモスクを体験できる貴重な場所です。
Photokako-total-blur-nqQlT7ASoKb0EbqU
折しも、2月4日のNHK教育「日曜美術館」はトプカプ宮殿の回でした。チューリップの文様が出てきました。

2023年度ゼミ生による「卒業論文」と「学年末レポート」のタイトル

4年生 卒業論文タイトル
ココ・シャネルのモノクロームとデザイン ──リトルブラックドレスの考察を通して」
エドワード・ホッパーが描いたニューヨーク ──〈映画的〉表現と〈アメリカ的〉主題」
ユベール・ロベールの廃墟と人物 ──18 世紀後半の感性と時間の表現」
カミーユ・コローの風景画 ──構図と色彩の革新性」
シャルダンにおける静物画の革新 ──《エイ》から読み解く技法と空間表現」
シャヴァンヌが 20 世紀初頭に残した造形表現 ──ピカソの「青の時代」に与えた影響から」

3年生 学年末レポートタイトル
オディロン・ルドンの画風の変化──ノワールから色彩への変遷はなぜ起こったのか」
葛飾北斎──移り行く画風の変遷」
ヴィルヘルム・ハマスホイ──ハマスホイの作風における独自性について」
M.C.エッシャー──師デ・メスキータと風景画の構築について」
クロード・モネ──印象派の日本」
メアリー・カサット──彼女の描いた母子の姿」
ジョン・エヴァレット・ミレイ──ファンシーピクチャーについて」
河鍋暁斎──「浮世絵」と「狩野派」の二重性」

3年生「学年末レポート」、4年生「卒業論文の概要」、4年生「学生生活をふりかえって」をまとめて冊子にし、2023年度ゼミ活動の成果とします。

2023年度のゼミ最終日は2024年1月5日(金)でした。
最終日は毎年、4年生による卒論発表を行っています。
卒論のテーマや目次など、全体について説明したあと、3年生に向けてのアドバイスもあります。
1年間のあいだに、卒論の準備をどのように進めたか、資料調査の方法や、就職活動との両立など、具体的なアドバイスをしてもらいます。
3年生はこれらのアドバイスを受けて、気が引き締まるはずです。

今年度は3年生から4年生に向けてのサプライズがありました。
「卒論お疲れさま」の意味を込めてのプレゼント。フランス美術史を学ぶゼミらしい、お菓子の素敵なプレゼントでした。
ゼミでは初めての出来事です。教員として、3年生の心遣いに感謝します。
PXL_20240105_082629670-1
PXL_20240105_082657645-1PXL_20240105_082713750
Photokako-total-blur-teFHLDvAkKnG3P4F

2019年度の合宿から、4年ぶりに、夏の企画を復活させました。昨年度の卒業生がゼミ合宿/旅行に行きたかったと言っていたのが、気になっていましたし、今年度は新型コロナが5類に移行しましたので、無理のない範囲で企画を立てました。

2023年度は山梨県立美術館と中村キース・ヘリング美術館を訪れました。2日目は、電車とタクシーを使ったので時間がかかりましたが、自然のなかの美術館では、とても気持ちのよい、すがすがしい気分に満たされました。

日時:2023年9月2日(土)
場所:山梨県立美術館
https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
IMG20230902132642 - コピー
ミレーバルビゾン派のコレクションをもつ有名な美術館です。まず画家ミレーについてのアニメーション・ビデオを10分ほど見た後、展示室に入りました。今回、ボランティアの学芸員さんに解説をお願いしました。快く引き受けてくださり、30~40分の解説をしてくださいました。たとえ美術史の知識はあっても、はじめて訪れる私たちにとって、いつもミレーの作品に接している方の解説は、とても聞き応えがありました。分かりやすい解説の後、学生たちはそれぞれ自分の眼で作品と向き合いました。

ここの美術館は、都内の美術館とは異なり、スペースにゆとりがあります。作品の前で多少会話をしても許されるような、おおらかな雰囲気がありました。というわけで、教員が多少知識を与えながら、作品の前で学生と対話するという貴重な機会を持てました。

バルビゾンのコレクションも、大変見応えがあり、風景画の歩みをたどることができる展示でした。

展覧会を観るのに夢中になって、いつも忘れてしまう集合写真。
Photokako-total-blur-YuoPlTghVp8y3ZSb

日時:2023年9月3日(日)
場所:中村キース・ヘリング美術館
https://www.nakamura-haring.com/
2日目は甲府駅に集合して、電車とタクシーで美術館に向かいました。タクシーがなかなかつかまらないので、時間を要しました。タクシーの運転手さんによると、小淵沢駅あたりは標高1000メートルのところにあるそうで、耳に違和感を覚える人もいるそうです。日差しは強いですが、日陰に入った時の風の気持ちよさは格別です。
IMG20230903125319 - コピー
現代アートのわくわく感が体験できる美術館で、学生たちのテンションは上がりっぱなし。1980年代のアメリカのことを知らなくても、力強い線、独特な形の反復と、鮮やかな色は、楽しませてくれます。学生たちを連れてきてよかったです。
IMG20230903111951 - コピー

日時:2023年7月16日(日)午後
場所:アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/exhibition_sp/abstraction/
IMG20230716140221 - コピー
2023年度ゼミ見学会の第3弾も、学生たちが選んだ展覧会です。
アーティゾン美術館は、年に1回は必ずゼミで訪れている美術館です。学生無料なのが、何よりの理由ですが、もちろん学生たちに是非観てもらいたい展覧会が企画されています。

授業では、20世紀の抽象画について説明する機会がありませんし、おそらく学生たちもこれまで抽象画をまとまった形で観る機会はなかったと思いましたので、今回の事前学習は教員が「抽象画のみかた」について初歩的な知識を与えました。
今回の事後学習は、期末「レポート」です。

「セザンヌ、フォーヴィスム、キュビスムから現代へ」と展覧会名に記されているように、抽象画が画家たちのどのような模索のなかかから生まれ展開し、日本にもその動きが広がり、そして今日の作品まで、大きな流れを見せてくれる貴重な機会でした。ジョルジュ・ブラック《セレの街の屋根》、ロベール・ドローネ《街の窓》、カンディンスキーとクレー、古賀春江などが、個人的に印象に残りました。


展示作品がかなり多かったので、学生たちも見終わった後は疲れて、どこかでお茶でもしたのではと思います。
IMG20230716135319 - コピー

日時:2023年6月4日(日)午後
場所:国立西洋美術館
https://bretagne2023.jp/

2023年度ゼミ見学会の第2弾は、学生たちが選んだ展覧会です。
教員はこの時期コロナに感染し、その後の体調不良により、今回の見学会および事後学習は学生たちに任せました。

事前学習では、教員がすでに観ていた展覧会でしたので、美術館HPより展覧会の概要を説明しました。今回はグループ・ワークです。各グループは、展覧会を構成するセクションをひとつ選んで発表します。作品リストをもとに、セクションごとのキーワードを出し、芸術家について調べ、展覧会で注目したことについて書いてもらい、見学の準備をしました。
IMG_3097

事後学習はグループ発表です。まずは準備として、各グループがテーマを設定し、取り上げる作品を選び出し、発表構成を考え、担当者を決めました。

グループ発表(15~20分)では、「比較」の視点を入れることを条件としました。
グループ1「ブルターニュの海」 印象派画家と日本人画家による風景画との比較
グループ2「アンリ・リヴィエール 日本と西洋の視点から」 北斎の浮世絵との比較 グループ3「ドニから見るブルターニュ」 バンド・ノワールとの比較 グループ4「日本人画家から見たブルターニュ 黒田、久米、小杉」 西洋人画家との比較
準備期間は1週間でしたが、各グループがみんなで力を合わせて作品の考察に取り組み、まとまった成果を出すことができました。

日時:2023年4月23日(日)午後
場所:東京国立近代美術館
https://jubun2023.jp/
IMG20230423151437
2023年度のゼミ活動が始まりました。今年は久しぶりにゼミの新歓コンパを企画することができました。場所は大学内の学生食堂です。女子が中心の少人数のゼミですので、アットホームな雰囲気のなかで、近況報告、就活、趣味、女子力、恋バナ(?)の話で盛り上がっていました。

さて今年度の美術館見学の第1弾は東京国立近代美術館70周年記念展である「重要文化財の秘密」です。教員が選びました。GWが始まると混雑するので、その前に行きましたが、日曜日なのでそれなりに混んでいました。
東近美ではおなじみの作品ですが、改めて「重要文化財」という視点で見ることで、「問題作が傑作になるまで」の問いを通して、戦後の評価史が浮き彫りになる展覧会でした。そして60日展示ルールにより、見られない作品があるのは仕方のないことです。鏑木清方の展示は終了していました。
ゼミでは事前準備として展覧会の大まかなことを「出品目録」にしたがって予習し、それぞれが1枚の作品を担当することに決めました。本ゼミは西洋美術を中心に扱いますが、今回は日本人が学んだ西洋のエッセンスを考察するよい機会になるでしょう。
IMG_20230424_094903
クレーの新収蔵作品を常設展示で見ることができました。解説のおかげで、記憶に残る作品となりました。

大学のさまざまな活動が戻ってきました。事後報告になりますが、東京都美術館「マティス展」(2023年4月27日~8月20日)のキュレーターであるヴェルディエさんの講演会が開催されました。フランス国立近代美術館(ポンピドウーセンター)のキュレーターになるまでのキャリア形成(ソルボンヌ大学、エコール・デュ・ルーヴル、コートールド美術研究所、博士論文執筆のためのアメリカ留学)について、自らの歩みをお話してくださいました。最後に「マティス展」の見所なども教えてくださり、大変充実した講演会になりました。ヴェルディエさんは、展覧会準備で大変お忙しいにもかかわらず、100分の授業にまるまるお付き合いくださいました。ありがとうございました。

ヴェルディエさん20230417


4年生の卒業を祝うために、泉ゼミでは久しぶりに飲み会を開催しました。今年の4年生は、美術館見学に行くことはできましたが、親睦を深める飲み会や夏合宿はコロナによって中止となりました。夏合宿を楽しみにしていたようで、実現できなかったことが悔やまれます。
Photokako-total-blur-t2v86dkGve5rcBGn
場所を変えて、女子だけで二次会
Photokako-total-blur-iyeJLkavbiM8XJJc
4年生の数名からこのブログのためにメッセージをもらいました。美術史美術館コースの宣伝文です。

 
    「初めてのルーブルは なんてことは無かったわ」。宇多田ヒカルによる「One Last Kiss」の歌い出しです。完全に勉強不足だと思います。美術館に行って「なんてことは無かったわ」と思ったことのある方は、美美コースで、泉ゼミで、ぜひ学んでください。きっと美術館に行く度に、心動かされるようになりますよ。


    
    自分のやりたいことにどんどん挑戦していってほしいです。後悔しない学生生活をぜひ送ってください。



    
私がこのコースを選択する前、美術に関しての関心は世界史の知識程度、美術館に行くのは年に0~1回程度、このコースを選んだのも大学でしか学べないこと、つまり自分からは学ばないことを大学で学んだ方がいいかなと思って選びました。それと「学芸員」の資格も取ることができるのですが、なんとなく、持ってたらかっこいいからという理由で取りました。
    美術が好きだから選ぶ人もいれば、私みたいに関心がほぼゼロな人もいます。実際このコースに入って、興味の幅が広がりましたし、美術館に行くことも多くなりました。学びもたくさんあって、充実した学生生活を送れたと思います。
    美術がよくわからない、少し関心はあるけどついていけるかわからないという人でも大丈夫です。わからないことを知ろうとする探求心があってこそ大学に行くことの意義があると思います。視野を広げる為にも、娯楽を増やすという意味でも「美術史美術館コース」はおすすめです。


さらに、4年生による「学生生活をふりかえって」から一部抜粋します。コロナ禍の学生たちのリアルな姿が見えてきます。

 
    4年間の学生生活を振り返り、やってみたいことに挑戦することが大切だと感じました。
新型コロナウイルスが流行し授業がほぼリモートになり、ふと自身の学生生活を振り返ったとき、何もしてこなかったなと思いました。このまま卒業し社会人になってしまうことを想像し、不安を覚え、私はそれまで興味があったけれど尻込みしていたことや、ずっとやろうとしながら後回しにしていたことに手を付けてみることにしました。そうしたことで、自分は何が得意で何が苦手なのかを新たに知ることができたり、以前よりも成長したり、またコロナ流行でずっと暗かった気持ちが前を向いたりもしました。そのおかげで、今、自分の学生生活を振り返ると、とても満足な時間を過ごせたと感じます。



    
もともとアクティブな方ではないし、この4年間で、自ら進んで「交友関係を広めよう!」と思って特別何かをしたこととかもなかった。そんな私でも、サークル、アルバイト、学部、ゼミなどを通して、それなりにいろいろな人に出会った。いろいろな人に出会って、彼らと交流していく中で、迷惑をかけたり、かけられたりしながら、彼らから新しい価値観を学んだり、自分の知らなかった一面に気づけたりした。


    
    サークルだけでなくて、ゼミも思いが強いです。リモートで顔が見えずに授業をしていた頃、美美コースの人たちは意識の高い人達が多いなって思っていて、プレッシャーに感じてました。泉ゼミ入って、知り合いがほぼいない中やっていけるか不安でしたが、段々ゼミに慣れてきて、3年の後期ぐらいには、毎週金曜日ウキウキしながら登校するほどゼミが大好きになってました。ほんとうです!!!!!「卒論どれぐらい進んでる!?」「まだなんもやってない泣」「よかった!!!私も!!!」ってゆるゆる過ごしてた日々が懐かしいです(笑)



    学生生活で学んだことは何かを辞めてしまっても失わないということだ。むしろ、辞めたらその分新しい何かが舞い込んでくる。最後までやり遂げることが良いことだという思い込みは、もう無い。こう考えれば、社会人生活もやっていけそうだ。

2022年度のゼミは、対面が完全復活です。
今年度の3年生は、コロナ禍の影響をもっとも受けた学年ですので、美術館に出かける機会をできるだけ増やしたいと思いました。前期は4月、5月、6月に3回の美術館見学会を企画しました。
後期は、学内の図書館ツアーライティングラボのツアーを実施するとともに、見学先は文化遺産や建築に関連する場所を選ぶようにしています。今年はアーティゾン美術館で「パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂」が開催されましたので、まさにうってつけの見学先でした。


前期の学び(オンライン授業中)
前期はゼミ生どうしが互いのことを知り合うきっかけになればと思い、「自分にとって1枚の絵画」と題して、これまでの自分自身の体験を交えて、1枚の絵画について語ってもらいました。
3年生から、マリー・ドニーズ・ヴィレール、クリムト、シャガール、マリー・ローランサン、ゴッホ、ピカソ、ツタンカーメンの棺形、オットー・ディックス
4年生から、ダヴィッド、フェルメール、『勝利は我に(星条旗よ永遠にの巻)』1943年の映画、ミュシャ、コロー、モネ、ミケランジェロ
学生のみなさんが、どういうきっかけで芸術作品に触れ、印象づけられたのかがよく分かりました。

前期の見学会
「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」森美術館 
「ボテロ展 ふくよかな魔法」Bunkamuraザ・ミュージアム 
「クリストとジャンヌ=クロード”包まれた凱旋門”」21_21 DESIGN SIGHT 
Chim↑Pom展は教員が選び、あとの2つの展覧会は、3年生が中心となって見学したい展覧会をピックアップし、投票で決めました。

後期の見学会
「パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂」アーティゾン美術館を見学しました。

3年生のグループ課題(11~12月)
3年生は二つのグループに分かれ、「オペラ座展」見学会の事前学習として、以下の内容について発表しました。
①図録論文の内容紹介
グループ1「パリ・オペラ座と”総合芸術”ー音楽、美術、文学、舞台芸術の共振」
グループ2「パリ・オペラ座の歴史」
②序曲、第1幕、第2幕、第3幕、第4幕、エピローグの展示内容についての紹介
③各自が注目する作品を2~3作

事後学習では、
①事前に注目した作品をじっさいにみた印象
②展覧会で印象に残った作品
③アーティゾン美術館の感想
を語ってもらいました。

3年生による2022年度美術館見学会の総括
2022年度は前期3回、後期1回、合計4回の見学会を実施しました。4つの展覧会のなかで、一番印象に残っている展覧会をランク付けしてもらったのですが、1位は「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」でした。その理由として、以下のような感想がありました。
斬新で1番刺激的なアーティストだった。作品が面白かった。ゼミで取り上げるまで知らないアーティストだったので、知れて良かった。」
「展示自体が探検するようで楽しかったことと、現代アートの展覧会へはあまり行かないのでいい機会になったこと。」
今まで私は「現代アート=手段や表現方法が自由すぎて理解不能なもの」というイメージがあった。 しかし、この展覧会で作品の意図やChim↑Pomのスタンスを知ることができ、軽い気持ちで重いテーマを取り扱っていたり、奇抜な手段を取っていたりしているわけではないということがわかった。また、ゼミ生と「Chim↑Pomは何を伝えたかったのか」や「アートとは何か、アートなら何をしてもいいのか」といった議論を通して、理解を深めることができて楽しかった。」
「クリストとジャンヌ=クロード”包まれた凱旋門”」も人気があり、
歴史を映像資料や実物のモノに触れることで美術館では珍しい体験をすることが出来たのが印象強かったです。
という感想がありました。
またさらに、「展覧会に慣れたか」という問いで、優等生的な回答ではなく、率直な感想を求めました。
楽しみながら見ることができるようになった
ゼミで見に行くことは刺激になる
見ることのプレッシャーを感じなくなった
事前・事後学習で理解が深まった
様々な視点をもって見ることができるようになった
作品の特徴をつかめるようになってきた
「作品を理解出来ているか不安がある」という感想もありました。とはいえ、1年を通して、学生が確実に展覧会を楽しめるようになっていることは分かりました。大きな進歩です。

↑このページのトップヘ